便利グッズで作業効率が10倍に!実用してわかったおすすめ5選【2020年版】

  • 集中力を上げる便利グッズが知りたい
  • 長時間作業をしても集中できる環境にしたい

この記事は、そんな方に向けて書いてます。


あなたは集中力を向上させるために便利グッズを使っていますか?

仕事道具は、一日のほとんどの時間で使用していますよね。

そんな仕事道具を人間工学(使いやすさを追求をすること)に基づいて設計されている便利グッズに変えると、わたしは人生が変わりました。

  • 長時間の作業ストレスを軽減
  • 人間工学を使用した便利グッズで業務高速化
  • 実用性を重視してすぐに取り入れられるモノ

今回は、「集中力を最大限に引き出す」に焦点を置いて、コスパよりも性能を優先しています。

わたしが実際に使って「これはリピート確定!」と感じたモノをご紹介したいと思います。

【便利グッズ ①】Ergohuman Pro 「エルゴヒューマン プロ」に座ればあたなも集中の鬼になれる

Ergohuman Pro 「エルゴヒューマン プロ」この椅子に座ればあたなも集中の鬼になれる
Ergohuman Pro のイメージ画像
 内容の説明
正式名Ergohuman Pro
サイズ横幅×65.5cm 奥行き×66cm 高さ×114.5-128.5cm(座面の高さ×43-52cm)
素材エラストメリックメッシュ:アルミニウム、アメリカ製Matrex社製ポリエステルエラストメリックメッシュ
3Dファブリックメッシュ:アルミニウム、韓国製3Dポリエステルファブリックメッシュ
重量39Kg
型番エラストメリックメッシュ:EHP-HAM BK(KM-11)
3Dファブリックメッシュ:EHP-HAM F-BK(KMD-31)

「エルゴヒューマンに一度座れば、他の椅子には座れない」と言っても過言ではないです。

この椅子は人間工学に基づいて設計されており、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように設計されています。

人間工学とは、使いやすさを最優先に考える学問です。

エルゴノミクス設計などと言わていることありますが、簡単にいうと使い心地にこだわってるんだなと思ってください。

当たり前で見落としがちですがデスクワークで、最も使用している道具ですよね。

このエルゴヒューマンに座ってしまうと、今まで座っていた椅子の座り心地が信じられないくらいに悪く感じてしまいます。

長時間座って作業をしていると、体が疲れて集中力が散漫してしまった経験はありませんか?

色々な椅子を試して、パフォーマンスが落ちてしまったときの一例です。

集中できないのはこれが原因

  • 腰が痛くなってきて腰が気になり集中できない
  • 腕が疲れて、頻繁に作業が止まる
  • 首が痛くて集中できない

このような感じで、少しだったらあまり気にならないことも毎日の積み重となると悪化していきます。

そして全く集中できずに生産性が大幅に落ちてしまう原因になります。

内臓型オットマン(足)ヘッドレスト(首)バックシート(背中全般)解説画像です。

背もたれと頭の支えの高さ調節が可能です。

あなたの体に合わせて調整でき、疲れた時は足の負担を解消する為の内臓型オットマンもついています。

ランバーサポート(腰)と アームレスト(腕)の解説画像です。

この腕ささえのおかげで、長時間のデスクワークも疲れにくくなります。

エルゴヒューマンの最大の特徴「ランバーサポート (腰)」は腰痛にならない素晴らしい機能です。

リクライニングや座面調整の解説

わたしの友達にもエルゴヒューマンを愛用している人がいます。

その友達は「全く疲れないから集中しすぎて、時間を忘れないように注意している」と言っていました。

それはわたしも同じで集中しすぎるのは良いのですが、時間管理を徹底していないとすぐに一日が終わってしまいます。

【便利グッズ メリット】 エルゴヒューマンプロを使う利点

  • 腰部位(ランバーサポート)のおかげで腰痛ナシ
  • ヒジ置きの細かい微調整で腕が疲れない
  • 頭支え(ヘッドレスト)で、首が疲れない
  • 姿勢が良くなり、血流改善して集中力アップ
  • 10年以上も絶大な生産性を維持できる

少しお値段が高いので、買う前は私もためらっていました。でも背伸びをして購入してからは生産性が5倍以上になりすぐにモトが取れました。

人間工学設計のエルゴヒューマンで、疲労しらずの劇的な生産性アップを体感して下さい!

【便利グッズ ②】 お尻が痛くならない至高のクッション「東京西川 エアークッション」

お尻が痛くならない至高のクッション「東京西川 エアークッション」の画像です。
 内容の説明
正式名東京西川 エアークッション
サイズ横幅×40cm 奥行き×40cm 高さ×5cm
素材表地:ポリエステル100%
裏地:ポリエステル65% 綿35%
詰め物:ウレタンフォーム
重量39Kg
原産国日本
メーカー型番HDB6001013LG

デスクワークに集中するには、気が散ることを排除しないといけません。

このクッションは、点で支える高機能ウレタンで体圧分散と、通気性がとても優れた設計になっており長時間座っていて発生する問題を解決してくれます。

点で支える高機能ウレタンで体圧分散と、通気性がとても優れた設計の画像です。

使用期間は2年を経過していますが長期的に使用しても性能は全く落ちません

パソコン作業中にお尻が痛くなったり蒸れが気になったりしたことはありませんか?

  • 長時間座って作業をする場合、お尻に負担がかかって痛む
  • 夏場の椅子は、どうしても通気性が落ちて蒸れて気になる
  • 腰痛で気になる

上記の内容以外にも、長時間座ることによってパフォーマンスが低下する要因はあると思います。

わたしが過去、不快に感じていた事実を記載しました。

【便利グッズ メリット】 長時間のデスクワークでもお尻が痛くならないとすこぶるパフォーマンスが上昇します

外側のカバーは取り外して、洗濯が可能です。裏側には滑り止めがついており、しっかりと同じ位置をキープしてくれます。

このウレタンスポンジ部分が、三層構造になっていて一番上のスポンジが点で圧力を受け止めます。

その後に、下の二層のスポンジでバランスを保ちます。

この構造のおかげで、信じられないほどの心地よさを提供してくれます。

エルゴヒューマンにクッションをのせている画像です。

高いパフォーマンスを発揮する生産性の高い人達は、小さな積み重ねで大きな結果を出しているのだと感じました。

エアークッションを使うメリット

  • お尻の痛みがなくなる
  • 通気性が良くて蒸れない
  • 腰痛にならない
  • 2年間毎日使用してもヘタレない
  • 絶妙な柔らかさで気持ち良い

数年前にマットレスを購入するときに、「東京西川」のAIRシリーズを発見して店頭で実際に寝転んでみたらすこぶる気持ちが良く即決してから体調が劇的に改善されました。

それからしばらくして、デスクワークをしているときにお尻が痛くなっておりそれが気がかりで集中力が低下していることに気づきました。

どんな「クッションがあるのかな?」とAmazonを見ていたら、こちらの「東京西川」のクッションを見つけて悩むまもなく即決いたしました。

すこぶる快適な座り心地に感謝して毎日座わらせていだたいております

【便利グッズ ③】 これぞ最高傑作!王道の高級国産キーボード「東プレ リアルフォース(R2SAシリーズ)」

これぞ最高傑作!王道の高級国産キーボード「東プレ リアルフォース(R2SAシリーズ)」の画像です。
東プレ REALFORCE SA R2 の画像です。
 内容の説明
正式名東プレ REALFORCE R2 SA
キー数112キーレイアウト(4個の特殊キー含む)
キー
寿命
5000万回以上
生産国日本
接点法静電容量無接点方式
サイズ横幅×45.5cm 奥行き×14.2cm 高さ×3cm
重量1.4Kg
型番R2SA-JP3-BK

このキーボードは、人間工学に基づいた設計になっており一言で表すと「タイピングが止まらない!超快適なキーボード」です。

福岡県ではパソコン専門店や大型家電量販店にいっても全店売り切れで購入する場合は、入荷予約をしてからじゃないと手に入らない代物になっています。

タイピングを長時間していると指が痛くなったり疲れを感じたりしたことはありませんか?

  • 指に負荷がかかって指が疲れる
  • 指が疲れると腕や手首にも負担がかかる
  • 打鍵音が気になる

以前のわたしは、キーボードなんて入力できれば良いと考えていました。

上記のような症状は、どのキーボードもこんなもんだろうと調べもせずに諦めていました。

ですが腱鞘炎(指の関節が痛くなること)で病院にいきだしてから、どうにかならないかと探して見つけたのがこの「リアルフォース(R2SAシリーズ)」でした。

【便利グッズ メリット】 長時間のタイピング作業でも腕よりしたの疲労感は皆無

指にフィットするキーボードの画像です。
キーを横から見た図と高さの画像

キー配置が、ななめになっていてホームポジションから移動が少なく指がフィットする構成になっているのでとても使いやすいです。

なおかつ、キーの同時うちも可能なのでタイピング作業などもとても早くなります。

ほかにもいろいろなキーボードを試しましたが、わたしは打ちやすさでは最高だと感じています。

このキーボードは3段階の調整ができます。
キーストロークのイメージ図と、APCキーの画像

キーストロークを、一括設定と個別設定でカスタマイズできます。

 内容の説明
1.5mm浅く素早い入力
2.2mm通常の入力
3.0mm深く誤入力防止

わたしは一括の1.5mmで使用していますが浅くてとても打ちやすく快適です。

ここは好みによっても変わってくると思うので一番しっくりくるキーストローク (クリックするときの深さ) の設定を探すほうが良いと思います。

より素早いキー入力ができます。
こちらは、APCキーの一括設定をした場合に使用するキースペーサーです。

キーストロークを調整できる専用のキースペーサーを装着しています。

すこし面倒ですが、文字部分のキーを全て外して取り付けます。

裏側の画像になります。
背面の配線は、すっきりする任意の方向にだせる画像

背面のコードは、スッキリする3方向に好みで調整することができます。

リアルフォースのキーは、ATMなどで使用される「静電容量無接点方式」という方法が使われています。これは簡単に説明すると耐久性がとても高い作りになっているということです。

打鍵音を録音した動画

打鍵音を録音しています。このR2SAシリーズは静音設計ですごく静かです。

動画は、マイクではなくiPhoneで撮影していますので3割増しくらいで音が響いていますが、実際はかなり静かに感じます。

東プレ リアルフォースを使うメリット

  • タイピングがしやすくスピードが上昇する
  • 細かいカスタマイズで自分好みに設定できる
  • 打鍵音が静かで作業に集中できる
  • ATMの入力方式で使われている「静電容量無接点方式」だから耐久性が高い

購入する前、キーボードにしては高額だったので投資する価値があるのか疑問でした。

ですが、一日中全力で集中して作業が終わったあとでも、全く疲れがありません。

デスクワークが終わったあとに、読書や勉強をする余力が余っていることには本当に感謝しかしていません。

今使っている愛しのリアルフォースが万が一壊れてしまっても、100%このキーボードをまた購入してしまうと思います..

【便利グッズ ④】 ゲーマーじゃなくても恩恵たっぷりのスーパー高性能マウス「Logicool G903」

ゲーマーじゃなくても恩恵たっぷりのスーパー高性能マウス「Logicool G903」
G903のイメージ画像
 内容の説明
正式名G903 HERO16Kセンサー
サイズ長さ×13cm 横幅×6.7cm 高さ×4cm
ケーブルの長さ1.8m
重量マウス×110g、追加重り×10g(任意)
型番G903-Hero
配線優先/無線どちらにも対応
特徴高速スクロールホイール
取り外し可能なサイド ボタン
7~11個のプログラマブル ボタン
左右対称形のデザイン
メカニカル ボタン テンショニング システム
LIGHTSYNC RGBライト
POWERPLAY対応
電池
寿命
デフォルトのライティング:最長140時間
ライティングなし:最長180時間
対応
OS
Windows® 7以降
macOS® 10.11以降
Chrome OSTM
保証2年間無償保証

わたしは、3画面構成でパソコン作業していました。当時使っていたマウスは、パソコンを購入したときについてくるオマケマウス。

正直、マウスなんてどれも同じでゲーミングマウスはただ光っておしゃれなだけだと思っていました。

ある時、ユーチューブを見ていたら「高級マウスのG903買っちゃいました!」という動画が目にとまりました。

高級マウスってなにごとだ???と気になって見てしまったのが、運命の出会いです。

“ソレ”が入っている画像

8分程の動画が終わる頃にはすでにAmazonの注文履歴に”ソレ”は入っていました。

プライム会員なので、次の日には到着してさっそく使用。それまで使っていたマウスと段違いの握り心地と高級感に惚れ惚れしました。

ドライバをインストールして、簡単にマクロを組んだあとにマウス感度を上げると、今までの作業時間が悲しくなるほどの劇的な生産性が手に入りました。

マウスを使っていてこんな経験はありませんか?

  • マウス感度を上げてもカーソルの動きが遅い
  • 長時間作業していると指が痛くなる
  • 簡易自動化ができないので非効率

高性能なDPI感度センサーが搭載されているので、画面が多くても素早く少ない動作で目的の場所までカーソルを移動できます。

人間工学に基づいて設計されており、長時間使用しても疲労感は全くありません。両手に合うように左右対称になっていて左利きの方でも気持ちよく使用できます。

G903の全体画像です。
G903の外観画像

左右対称な作りになっています。背面に貼っているシールは別売りで摩擦を軽減してスムーズに動くようにするためです。

【便利グッズ メリット】 G903を使うと以下の利点があります

  • 少しの動作で素早く移動が終わる
  • 長時間使用しても疲労感がない
  • 左利きのあなたでも手に合う
  • マクロボタンの取り外しカスタマイズ可能
  • マウスパッドで充電可能
G903を分解した画像です。
取り外しパーツとケーブルの画像

優先ケーブルと、マクロボタンのカスタマイズボタンを取り外しています。

マグネットで取り付け可能で簡単にメンテナンスが可能です。

G903の重量の画像です。
背面の重り画像

背面の重りは、マグネットで取り付けられています。

軽い方が良いヒトは、任意で外すことが可能です。わたしは少し重量が欲しいので付けています。

G903を他のマウスと比較した画像です。
MX Master 2sとG300sを並べて比較した画像

大きさの比較をするために、他のLogicool製マウスと並べています。

【便利グッズ ⑤】 なくしてしまう!?耳と融合する魔法のイヤホン「AirPods」

なくしてしまう!?耳と融合する魔法のイヤホン「AirPods」
AirPods Proのイメージ画像
 内容の説明
正式名AirPods Pro
サイズイヤホンケース:高さ×4.5cm 横幅×6.06cm 厚さ×2.1cm
イヤホン:高さ×3cm 横幅×2.1cm 厚さ×2.4cm
再生可能時間1回の充電で最大5時間の再生時間
24時間以上の再生時間5
充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間
重量イヤホンケース:45.6g
イヤホン:5.4g
型番エラストメリックメッシュ:EHP-HAM BK(KM-11)
3Dファブリックメッシュ:EHP-HAM F-BK(KMD-31)

電話をしながら作業をしたり、だれかに電話をかけるのにバックからごそごそと取り出す作業をしたり..

本当に非効率ですよね。手がうまっているときに、そんなわずわらしい作業をするのは本当にストレスがたまります。

2016年の12月に発売されたときに、迷う暇なく即決で購入しました。

購入当初は忙しいのに、手が空いて「本当に便利だなぁ」という感じで一般的な”良さ”しか感じていませんでした。

ですが、本当に価値があると感じたのは購入から3年後の2019年の夏ごろでした。

突然左耳のイヤホンが壊れてしまい、片方だけだとバッテリーの都合で一日中使用きないですよね。

そうなるとAirPodsを付けない時間がでてきます。その時に右耳だけで過ごすようになってから初めて悪魔の依存症に気づきました。

こんなときに、不便だと感じたことはありませんか?

  • 両手が埋まっているのに電話がかかってくる
  • 電話しながら片手で作業をする
  • 音楽を聞きながら作業しているとコードがひっかかる
  • 耳にフィットしないイヤホンでストレスがたまる
  • 外の音が気になって集中できない

最近になって、わたしはAirPods Proを使い初めましたがこのノイズキャンセルは別世界への入り口になっています。

初代と第二世代でも十分に便利でしたが、Proになると圧倒的なつけ心地とノイズキャンセルの調整が最高です。

この利便性を経験してしまうともう戻れないことがわかって少し怖いです。

【便利グッズ メリット】 AirPodsを使う下記の利点があります

  • 付けている感じが全くしないストレスフリー
  • トントンとタップする時の反応が良い
  • コンパクトで場所を取らない
  • 片耳ずつだと一日中連続運転可能
  • ノイズキャンセルの調整が可能(PROのみ)

ここまで効率化に役立つ便利グッズを紹介してきました。

人生の限られた時間を有効活用するためには、地理も積もれば理論を駆使して少しでも集中力をあげて効率化をしていくことが重要だと考えています。

あなたの限られた時間を、1秒でも有効活用できるようにこれからも有益な情報発信を心がけていきますのでぜひまた遊びに来て下さい。