片付けができない人は必見!整理整頓が簡単にできる3ステップ

  • 簡単に片付けができる方法をしりたい
  • 上手な整理整頓をする為の流れが知りたい

このような事を思っているあなたに向けて書いています。

この記事では、片付けや整理整頓が苦手なあなたでも簡単に整理整頓ができるように3ステップに分けて紹介していきます。

この記事の内容を実践すると快適で綺麗なお部屋になります。

[quads id=1]

整理整頓が簡単にできる3ステップ

整理整頓が簡単にできる3ステップ

3ステップの解説に入るまえにちょっとしたコツを説明します。

「別のことは考えず片付けに集中する」ということが重要になります。

  • 懐かしいモノが出てきて、思い出に浸ってしまう
  • あ!これちょっと使おう

のようなことを考えずに、一旦目の前に集中することが重要です。

この3ステップで、汚部屋から快適できれいに過ごせる部屋になります。

  • 仕分け
  • 収納
  • 維持

各ステップを上から順番に、解説していきます。

【整理整頓】ステップ1 仕分け

仕分けですが簡単に説明すると不要・保留・必要に分ける作業です。

まずは不要なものから判断して行きましょう。

不要なものを処分していきます

整理整頓不要なものは捨てる画像です。

このとき、最初に燃えるゴミ袋や燃えないゴミ袋などを用意しておくとスムーズに片付けがすすみます。

不要なものが、どれか判断がつかない方もいると思うので、わたしが「不要」だと判断するポイントをお伝えします。

整理整頓のときに不要だと思うポイント

  • 壊れていて使用できないモノ
  • 1年以上使っていないモノ
  • 機能が同じモノ(ハサミ2つなど)
KOUHEI

「もったいない!」と思ってしまって使わないとわかっているのに、捨てれないものがあるんだよなぁ…

AKI

いつか使うと思ってとっておくのは無駄だよ。まずは上記に当てはまる不要なモノを分けてみてね!

保留にするポイント

整理整頓で保留にするときのイメージ

保留とは、判断ができないものをあとでじっくり考えるために後回しにすることです。

後回しにする理由ですが、片付けでは頭のなかでたくさんのエネルギーを使います。

人間のあたまのなかのエネルギーは、一日に使える量が決まっているので無駄なエネルギーの消費を避けないといけません。

そこで10秒以上にわたって不要かどうかを迷ってしまうのは、エネルギーの消費が大きいので避けるために保留をします。

  • 10秒以上判断に迷うものは保留ボックス(保留ゾーン)に入れていく
  • 高価なものは、迷いやすいので基本的に保留ボックスへ

必要だと判断するポイント

整理整頓 必要なモノのイメージ

上記の「不要」と「保留」に分けたあとは、必要なものが残っていると思います。

KOUHEI

約一年分までティッシュがある場合はどうしたらいいんだろう?

AKI

約1年分まである場合は死ぬまで使う消耗品は捨てなくて大丈夫です。2ステップ目は『収納』について解説していくよ。

【整理整頓】ステップ2 収納

整理整頓 収納のイメージ画像

収納では、「取り出しやすさ」を最優先に考えていきます。その次はグループ分けなどいくつかルールがあるので解説いたします。

  • 種類のグループ分けする
  • 頻繁に使うもを手前に置く
  • 収納スペースのなかにさらに収納ボックスを使う
  • 収納アイテムは、できるだけ同じ店で買う
  • 「とりあえず置き場」を作る

種類のグループ分け

整理整頓 種類のグループ分け

同じ種類をグループ分けしていきます。

大雑把に「文房具」「かざりもの」のようにあまり深く考えると疲れて片付けが続かないので「7割でいいや」という気持ちで仕分けていきます。

グループ分けが終わったら、あまり使わないもの(月数回ていど)をおくに直します。頻繁に使うものを手前になおしていきます。

KOUHEI

ふむふむ…グループ分けをしておくといいんだね

AKI

そうだよ。後収納が終わったら、維持をするために写真に残しておくといいよ!

【整理整頓】ステップ3 維持

整理整頓 部屋を綺麗に維持する画像です。

せっかく時間をかけて片付けたのに、1ヶ月後には元通りでは本当にもったいないです。そこできれいを保つ方法をご紹介していきます。

きれいに保つためには、片付けたあとを「写真」にとって保存しておくことです。

そして2週間に一度くらいのペースで、写真と同じ場所をキープできているかをチェックしていきます。

2ヶ月以上この作業を繰り返すと、習慣化して無意識にきれいを保つようになりますので2ヶ月を目標に頑張ってみましょう!

KOUHEI

片付けができる人は、ムダを省いていたんだね。

AKI

そうだね。10年程掃除できていなかったりしてゴミが大量にあるときは最初だけ業者さんに任せてみるのもいいよ♪

→【全国対応】”プロ”のお掃除専門業者「お掃除マスター」はこちら

上記の判断に以外にも、選択肢を3つ以内に絞るなどの有効な方法がいくつがあります。

今回は「簡単にできる」ということを優先していますので、素早く実行できるように選択肢はできるだけ減らしています。

片付けができない人の特徴と改善法

整理整頓 片付けができない人の特徴 の画像です。

片付けができない人の特徴

片付けができなくて疲れて帰ってきたのに家に帰っても散らかっていて疲れを感じた経験はありませんか??

そこでなぜ片付けができないのかを調べてその特徴と改善する方法をまとめています。

KOUHEI

なんか気分がはれないな~..すぐ集中力も途切れるしなんでだろう..?

AKI

部屋がちらかっているからじゃないかな?

KOUHEI

散らかってるのは関係ないよ!

AKI

部屋が散らかっていると無意識に選択肢がふえて脳が疲れていくんだよ。

KOUHEI

え?そうなんだ…でも、片付けができないよ…

AKI

片付けが苦手な人でも簡単に片付けができる方法を今から5つ解説していくね!

  • お得なだけで不要なモノを買ってしまう
  • 勿体なくて捨てられない
  • 必要か不必要かの判断が苦手
  • 先延ばし癖が知らない間についている

お得なだけで不要なモノを買ってしまう

整理整頓 お得なだけで不要なモノを買ってしまう 画像です。

日ごろからたまるストレスが原因で、不要なモノを買ってしまいます。

その理由は、自分の物になるという嬉しさを得られてストレスの解消になるからです。

そのほかにも、自分がワンランクアップするという気持ちになるという理由もあります。

例えばですが、お店で新製品の化粧水が目に止まり「〇〇成分が入ってるのか!いいなぁー」となりすでに化粧水はもっているのについつい購入してしまう。

ほかには、まだ購入していなくて使用をしたことがないのにストックを多めに購入してしまい結局使わずにそのままになっているときなどがあります。

お得なだけで不要なモノを買ってしまうことに対する対策方法

買い物以外で、ストレスの発散になることを見つける。

買い物にでかけた時に、もしも衝動的に欲しいと思ってしまう場合は、家にある大量の不用品を思いだして一旦留まるようにしましょう。

勿体なくて捨てられない

整理整頓 もったいなくて捨てられない画像です。

お金を払って購入したので、捨てることに罪悪感があるという心理になっています。

罪悪感が生まれる原因ですが無意識のうちに、昔の自分の行動に対する後悔があるからです。

ストックを多く買い過ぎて、使わずにホコリをかぶっているのを見て「なんでこんなに買ってまったんだ…」となったり、食べ物のなどは、賞味期限が切れてしまい食べてないのに捨ててしまう場合があります。

「使える」かどうかではなく、必要(1年以内に使う)もしくは、不要(1年以上使わない)で判断をするようにすると少しづつ捨てられるようになってきます。

どうしても捨てることに罪悪感がある場合は、メルカリやヤフオクなどを利用してお金に変えてみるのも良いと思います。

必要か不必要かの判断が苦手

整理整頓 必要か不必要かわ分けるがそうです。

必要か不必要かの判断が苦手なのは、5カ月先や1年先の具体的な予測ができないからです。

忙しくてついつい目先のことばかりを考えてしまい、その結果狭い範囲でものごとを考えてしまうのが理由になります。

具体的には、下記のような状況のことです。

  • 仕事や家事に追われて、目先の目標にばかり考えが集中する
  • 使わないかなと思っても、その時の感情で何となくとっておく

例えですが、以前のわたしの家にはスプーンが20本以上ありました。

家族3人では一度に使う本数は3本です。

余裕をもってプラス2~3本あれば充分ですよね。

もし、来客があったりした場合などはプラスチックのスプーンを使用しています。

このように「1週間で使う量や、1度に使う量を考えるとどれくらい必要なのか?」が把握できるようになります。

先延ばし癖がついている

整理整頓 先延ばし癖がついている 画像です。

「今じゃなくても大丈夫」や、「どうせ私にはできない」などの言い訳を無意識に脳が考えてしまうからです。

脳の動きは、下記のモノを勝手にパターン化します。

  • 目で見たモノ
  • 耳で聞いたモノ
  • 鼻から匂ったモノ
  • 口で味わったモノ
  • 手で感じたモノ

固定概念で過去の経験からパターンをつくっています。

具体例としては、疲れているのにメンドクサイことをする必要がある場合

  • 後回しでいいや
  • どうせできないし今度にしよう

のようなことを考えてしまうときがありますよね?

人間は誰でも失敗しないと、成功できません。

まずは考える前にできなくても大丈夫なので行動をしてみることです。

片付けができない人の特徴と改善法のまとめ

  • 不要なものを買わないように、一旦考える習慣をつける
  • 不要なものを捨てるためには、先を見る習慣をつける
  • 必要かどうかの判断が苦手なあなたは、少しづつ先を見る習慣をつける

共通していることは、「長いスパンで先を見ているかどうか」ということです。

未来を見通すのは、最初は難しいのでだんだんと先を見れるように練習していくことが大切になります。

大きな視野で見るという点では読書もおすすめです。

わたしが読んで参考になった「計画性に関する」おすすめの本3冊

最後の「7つの習慣」は読むのが少し難しいので、上級者向けになります。

というわけで今回は終わりになります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などありましたらTwitterで受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

→ヒロアキ@MELONの中の人 | Twitter